三輪田学園の学校説明を聞いてきて、わかったこと、思ったこと。

三輪田学園中学のことが気になっていて、いろいろ知りたいという人の、

「三輪田学園中学の偏差値ってどのくらい?」

「三輪田学園にいじめはあるの?」

「進学実績や卒業した有名人を知りたい」

「できる限り三輪田学園中学の情報が欲しい」

といった疑問にお答えします。

実際に学校に行ったり、説明会を聞いたり、学校案内を見た情報の範囲内で記事にまとめていきたいと思います。

我が家に合う学校なのかどうかという視点と、現状わかりうる情報で書いていますので、ご了承ください。

三輪田学園の偏差値(サピックス 四谷 首都模試)

三輪田学園の偏差値は、サピックス→データ不足のため不掲載、四谷大塚40以下(2/1AMの80偏差値)、首都模試51(2/1AMの80偏差値)です。

2021年9月現在で入手できる最新データでチェックしました。

偏差値は模試によって、時期によって、年度によって、受験日時によって大きく変化しますので、あくまでも目安としてご覧ください。

似たような偏差値の学校は、宝仙学園、大妻多摩、跡見学園、女子美大付属などです。

この偏差値帯の学校の場合、模試を受けるなら首都模試が良いと思います。

小学生の我が娘は自宅学習で中学受験を目指しています。もうすぐ6年生になろうとしていて、志望校もだいぶ定まってきた感じ。以前は公立中高一貫校を...

三輪田学園の偏差値は四谷大塚や日能研だと40前後であり、受験方式や日時によって変動があるので、子供が受ける日時の偏差値のチェックが必要です。

四谷大塚のHP

日能研のHP

首都模試のHP

三輪田学園にいじめはない、とのこと。

校長先生の説明によると、「いじめはない」そうです。(今の校長先生になって以降)

ちょっとしたいざこざやトラブルはあるとのこと(人間だから当たり前ですよね)でした。

この説明をどう感じるかは人それぞれ。

いじめがない学校やいじめがない世界が理想ですが、思春期の子供同士の衝突は必ずあると思うので、「いじめはない」と言われてしまうと、もう何も言えません。

他の学校の説明会もたくさん行きましたが、いじめがある場合はカウンセリングを受けられる、とか、いじめにはこのように対処する、と言った説明がある学校の方が、私は信頼できると感じました。

でも、もしかしたら三輪田の生徒たちは本当に思いやりがあって、いじめにつながるような行動がほとんどないのかもしれません。

いじめがない学校、素晴らしいですよね。

三輪田学園の進学実績は不明だけど、合格実績は公開されています。

HPやパンフレットをチェックしてみたのですが、具体的な進学実績は不明でした。ほとんどの生徒が4年生大学に進学し、パンフレットによると卒業生152名のうち134人が大学に進学しています。

大学合格実績は公開されているのですが、既卒生を含んでいますし、1人の生徒が複数の大学に合格した実績もカウントされているので、実態はイマイチ掴めません。

HPやパンフレットで合格実績のチェックは可能ですが、例えば慶応に受かった子が明治や法政や青山学院に受かっていたら、その子の実績だけで4校分ですので、やっぱり進学実績を知りたいです。

三輪田学園卒業の有名人はあまり多くない

有名な卒業生は三島由紀夫の母、とのこと。

他にも昔の著名な方の名前を聞いたのですが、すみません忘れてしまいました。

芸能界や有名人などといった世界で活躍する人はあまりいないけれど、そうではない分野で活躍されている方が多いとの説明がありました。

演劇やダンスや芸術活動をするような子供には向いていない学校であるということはわかったのですが、そうなると卒業生はどのような場面で活躍しているのかあまりイメージができなかったので、パンフレットを確認しました。

すると、伊勢丹の総務で働く卒業生と獣医師になった卒業生が紹介されていました。

卒業生に名前が出るような有名な方は少ないけれど、いろいろな分野で活躍されているであろう姿が想像できました。

三輪田学園中学の学費は初年度約110万円

初年度は入学金300,000円、授業料444,000円、実験実習費90,000円、施設設備費150,000円、父母の会会費2,160円、学年積立金120,000円です。

この他に制服や学用品やipad購入費が約170,000円ほどかかります。

現在のパンフレットの情報ですので、最新の情報は学校のHPなどをご確認ください。

校長先生は卒業生の吉田珠美校長

吉田校長は三輪田学園の卒業生とのこと。

きっと三輪田らしさを体現している方なのだと感じました。

とてもお話上手な方で、説明もとてもスムーズでしたし、魅力的な内容でした。

男女別学の良さや、伝統を重んじていること、またこれからの時代に活躍できる子供を育てて行きたいということがよくわかりました。

説明を聞いて思ったことは、我が子には合わないであろうこと、でも女子の中でもこの学校に入ったら輝けるであろうタイプの子は結構多いんじゃないか、ということでした。

いわゆるコツコツ努力して、ノートを綺麗に書いて、読書が好きで…みたいな感じの女子にはとっても過ごしやすい学校だと思います。

私は校長先生との相性も合わなそうだったので、我が子の志望校とはなりませんでしたが、ネットの口コミや評判などをチェックすると、校長先生が入学の決め手になったという書き込みをちらほら見かけました。

こればかりはそれぞれの家庭との相性だと思うので、ぜひ実際に学校見学や説明会で相性を確かめてみた方が良いです。

まとめ

我が家との相性が合わなそうだったので、ネガティブイメージな記事になってしまいましたが、ネット上だと良い評判がたくさんあります。

私個人の意見やネットの情報は参考程度にして、気になっている学校は必ず見学に行って実際に確かめた方がいいです。

子供にぴったりの学校に入学できますように!!!

次女B子の勉強を見ていると、算数や理科が基本的に苦手。 基本がわかってしまえばスイスイ進むのですが、基礎を理解していないことがまあ多い...
我が家の子供達、算数は苦手ですが(笑)、国語はそれほど対策しているつもりはないのに得意です。A子の中学受験が終わってから、なぜ国語が得意なの...

スポンサーリンク

他人と比べない中学受験。