中学受験の説明会の服装は、親子ともに2パターン準備しておくと間違いなし。

中学受験の説明会の服装に悩んでいる方の、

「子供も親も何を着て行ったらいいのかわからない」

「服装のせいで、説明会に集中できなかったり、気分が下がるのを避けたい」

「夏はどんな服装で行けばいい?」

「母親だけでなく、父親の服装も悩む」

と言った疑問にお答えします。


我が家は現在、長女が自宅学習で中学受験を無事に終えて中学生活を楽しんでおり、次女が通塾で中学受験を目指して勉強中です。

そんな我が家は、今までに説明会や学園祭や学校見学も含めると、30校くらいの学校を訪問しています。

最近では、説明会の服装選びにも慣れてきて、学校によって服装を少し変えて、落ち着いて説明会に臨んでいます。

そんな経験から、今回は中学受験の説明会の服装についてブログに書いていきたいと思います。


子供はいつも通りで良い学校がほとんどだけど、伝統のあるお嬢様系学校は清楚系が無難

子供の服装は、普段学校に行くような服装の中でも清潔感があって、落ち着いたカラーの服装であれば、大丈夫です。

白、黒、紺、茶、グレーが無難で、色を使うなら原色は避けて淡い色を選べば目立つことはありません。

我が家は普段着にベージュや黒のカーディガンを羽織って乗り越えています。

女子の場合、ワンピースやスカートの子が多めな印象ですが、パンツでも全然大丈夫。

冬は落ち着いたコートを羽織ります。

靴は履いている中で一番ダメージの少ない綺麗なものを。

と、ここまではほとんどの学校で大丈夫な服装についての説明でした。


ただ、お嬢様系女子校は注意が必要です。

なんと言ったらいいのかな、バレエやピアノ習っている系の服装といえばわかりやすいかもしれませんが、お嬢様系女子校はそれ系の服装が多めです。

こんな感じとか、白系のトップスにチェックのスカートとか、淡い色のトップスに淡い色のスカートとか。

とにかくきちんとした感じで、清楚な雰囲気です。

髪型もしっかりとまとめている子が多かった。

長女の時はネイビーでちょっとフリルや刺繍の入ったトップスと、膝丈のスカート(両方ユニクロ)を愛用していました。

靴は普段履いているスニーカー、靴下は黒とか白とかをシーズンに合わせて履いていました。


女子の場合、キレイ目な普段着+カーディガンのパターンと、清楚系きちんと服の2パターンがあれば、どの学校の説明会も乗り越えられます。

我が家は女子だけなので、男子校の情報はわかりませんが、共学の男子の場合、ポロシャツやシャツ、カーディガンにパンツ、というパターンを見かけました。

男子の場合は色選びを間違えなければ、清潔感のある普段着で大丈夫そうでした。

高いブランドものとかじゃなくても大丈夫です。

ユニクロでもなんでもいいので、とにかく落ち着いた色味で清潔感のあるものを説明会用に準備しておけば、間違いないです。

子供が5年生のうちに、気になる学校には足を運んでおきたいと思い、ここ数ヶ月は頻繁にいろいろな学校の説明会や見学に行っています。 ...

私のイメージする、お嬢様系女子校の一つ。↑

中学受験生の父親と母親の服装はこの2パターンを準備すれば、乗り越えられる

父親と母親の中学受験の説明会の服装は、2パターン準備しておきましょう。

子供のパターンと同じく、ほとんどの学校はちょっとキレイ目な格好で乗り越えられますが、伝統校系はきちんとしていかないと、結構浮きます。


まず父親はほとんどの学校で、シャツやニットやポロシャツ+パンツで大丈夫です。

何度も言っていますが、色は落ち着いた色味で、清潔感あるものをオススメします。

伝統校系では、スーツの父親もちらほら見かけますが、落ち着いた色のオフィスカジュアルくらいで大丈夫です。

ちなみにお嬢様系伝統校の説明会は圧倒的に母親が多い印象で、父親が単独で出席しているパターンはかなり少数に感じました。

両親で出席されているパターンは結構見かけました。

父親はシャツやニットやポロシャツ+パンツといった休日カジュアルのキレイめパターンと、落ち着いた色のオフィスカジュアルのパターンの2パターンあれば間違いないです。


母親の場合もほとんどの学校は子供と同じく、ちょっとキレイめな普段着で大丈夫です。

普段着が結構個性的だったり、カジュアルな場合でも、落ち着いた色と清潔感を意識すれば浮くことはありません。

こんな感じの雰囲気が中間層の印象です。

私は都立や国立の学校に行く際は、ほぼ普段着で行っています。

私立の場合はニットやカーディガンにちょっとキレイ目なスカートやパンツで行きます。

資料が入るよう、黒系の大きめなきちんとしたバッグを持ち、靴はローファーや低めのヒールを履いていきます。

髪の毛はキレイにまとめるか、ちゃんとセットして行っています。

お嬢様系の中学校の場合は、ネイビーやホワイトや明るめのグレーがオススメです。

イメージとしてはこんな感じの母親が多かったです。

スーツ率も他の学校に比べると高め。

私は初めての説明会の際、黒系ニットに黒いひざ下スカートで行きましたが、意外と黒系は少数派でしたし、モード系はちょっと浮きます。

その後は白いブラウスに黒スカートとか、ネイビーのワンピースとか、ちょっと明るめにシフトして参加していました。

母親はキレイ目普段着のパターンと、ちょっと明るめの清楚系きちんと服のパターンの2パターンあれば大丈夫です。

10月に女子学院で行われていたマグノリア祭に娘と行ってきました。偏差値が高く、女子御三家と言われている学校だということ、自由な校風であること...

文化祭に行く場合は、カジュアルでも大丈夫↑

説明会に何を着ていけばいいか悩んだら、ネイビーに頼れば大丈夫

2パターンの服装のどちらを選べばいいのかわからない、という場合や、どんな服を準備すればいいのかわからない、という場合は、とりあえずネイビーに頼れば大丈夫です。

ネイビーはきちんと見せるという点においては、最も無難で最強だと思っています。

ネイビーでシンプルで清潔感のあるものであれば、値段に関係なくその場に馴染むことができると、たくさんの説明会に参加して実感しています。

周りとは違う服装で行くことのメリットデメリット

どんな服を着て行ってもいいじゃないか!、という人は好きな服装で行けばいいと思いますし、説明会の服装は合否に影響しません。

周りと違う、いつもの自分を主張できる服装で行くことで、落ち着いて説明会に臨んだり、先生に質問しやすいなら、その方が良いですし、メリットを享受できます。

説明会ってその学校が気になって、いろいろ知りたい!と思いながら行くと思うんです。緊張感を持って。先生方もきちんとした格好で出迎えてくれます。

そんな場所なので、こちらもきちんとした気持ちを服装に反映させて、緊張感を持って説明会に臨みたいと思うなら、それなりの服装で行く方が良いと私は思っています。

周りと違う服装で行くことのデメリットは、ちょっと浮いた存在になることで、説明会に集中できなくなるという点です。

服装に決まりはありませんが、TPOをわきまえるという点で、子供の見本となりたいものです。

好きな服装は違う機会に思う存分楽しめます。

中学受験の写真について、ブログに書いていなかったので、色々思い出しながらご紹介したいと思います。 我が家は混雑を避けるため、ま...

面接のある学校を受験する予定なら、面接用の服を説明会に流用もあり。

夏は露出を避けることと、爽やかにしておけば浮かない

中学受験の夏の説明会には、肌の露出は避けて、半袖トップスで行けば大丈夫です。

色や素材をきちんとしたものにすれば良いと思います。

心配なら、ジャケットやきちんとしたカーディガンなどを持っていけば良いし、冷房対策にもなります。

盲点!アクセサリーとバッグと靴は、意外と見られるので注意。

説明会では、個別相談のブースが設けられていたり、後から先生に直接質問できる機会があります。

その際に、アクセサリーとバッグと靴は意外と目につくので、ご注意ください。

合否には関係ありませんが、先生の目が自然とそちらに向いてしまうような華美なものは避けた方が無難。

以前、説明会だけだからと、普段つけている大ぶりなアクセサリーをしていることを忘れて、そのまま個別相談のブースに行ったことがあります。

その際に対応してくれた先生が、そのアクセサリーを何度見たことか…

説明に集中できないようなものは、つけていかない方がお互い気持ちよく話ができます。

先日、女子校の合同説明会に参加してきました。予約制ではなかったですし、大規模なものでもなかったので、私と娘と小学生の妹と夫で参加しました。家...

合同説明会の服装↑

まとめ

中学受験の服装は何でもいいから、かえって悩むものですが、色や素材に気をつけて自分に似合うきちんとした服を着ていけば気持ちよく説明会に参加できると思います。

国立や都立、自由な校風の説明会だと、本当に自由な服装の人が多いです。スーツだと浮いちゃうこともあります。

また、私立でも伝統校はきちんとした服の方が多い。普段着だと浮いちゃうこともあります。

どちらの価値観を選ぶのか、自分の子供に合っているのか、服装も参考になるものです。

実際に説明会に足を運ぶと、将来子供が同級生になるかもしれない子の両親の様子が垣間見れますので、たくさんの説明会に実際に行ってみることをオススメします。

スポンサーリンク