ブログ管理人&娘のプロフィールと、自宅学習で中学受験体験談

はじめまして。このブログの管理人をしているタカギと申します。

普段は自宅学習で中学受験をするために役立つブログを書くことばかりを考えて記事を作成しています。けれども今回は、私や娘(自宅学習で中学受験挑戦中)のプロフィールや、このブログを書きはじめたきっかけ、現在の状況や体験談をご紹介したいと思います。

管理人タカギと娘のプロフィール

管理人のタカギは現在、東京都在住の36歳です。夫の仕事を手伝いながら、娘の中学受験を応援している主婦です。

文章を書くことが大好きなので、ブログで「自宅学習で中学受験をする方法」を発信しています。

娘が中学受験を検討するにあたり、塾はもちろん、自宅学習で中学受験する方法をたくさん調べ、試しています。その中で知ったことや役に立ちそうな情報を、自宅学習で中学受験したいと考えている人にご紹介できればと思っています。


娘は現在、公立小学校に通う5年生です。

成績は中の上といったところで、ごく普通の小学生です。作文が苦手ですが、暗記や計算が得意です。志望校は都立中高一貫校なので、現在はZ会の公立中高一貫校向けのコースで頑張って勉強しています。

現在5年生の娘が積極的に取り組んでいる教材がZ会の公立中高一貫校向けコースです。娘は自宅学習中心のスタイルを希望していて、都...

最終的には5年生の夏までに、志望校をはっきり決めるつもりでいます。まだ、私立中学受験の可能性もありますので、親としてはヒヤヒヤしています。

このブログを書きはじめた理由

娘が4年生の時に中学受験を意識しはじめ、塾以外の方法で中学受験をしたいと思ったことがきっかけでこのブログを書きはじめました。

塾は費用が高いし、通学時間がかかる、本人が塾の雰囲気が好きではない、習い事を続けたい、などの理由から、「娘には自宅学習で中学受験が合っているのかもしれない」と考えたのです。

塾の体験に行ったり、様々な通信教育の資料請求やお試し教材を使う中で、娘に合った方法を見つけて、現在は中学受験に向けて頑張っているところです。

Z会の通信教育を中心とした自宅学習によって、少しずつ学力が伸びてきているし、私生活も充実している様子の娘。そんな娘を見ていると、結果はどうなるかわかりませんが、中学受験に挑戦させることは、この時期の子供にとって良い経験になるんだ、と感じています。

そして、自宅学習で中学受験を目指して親子で取り組んでいるうちに、「うちのように自宅学習で中学受験をして見たい人や、塾より自宅学習が向いている子って、結構いるんじゃないかな?」と思うようになりました。

中学受験のことって、なかなかデリケートなこともあり、あまり他人から情報を詳しく聞くのって難しいと思います。知らないことやわからないことが多くて、悩んでいる方も多いはず…

「私と同じように悩んだり困っている人のため、また自宅学習で中学受験をさせたいと思っている人のために、情報や知識をわかりやすく知らせるブログを作りたい」と考え、このブログを管理・運営しています。

少しでも皆さんのお役に立てたらうれしいです。

娘の塾・通信教育の体験談

今までの娘の塾・通信教育の経歴は下記です。

・幼児 Z会のぺあぜっと
・4年生 スマイルゼミ→都立中高一貫校向けの個人塾→Z会の通信教育

現在は、市販の教材とZ会の通信教育を使って、自宅学習のみの中学受験挑戦を目指しています。


お試し体験や説明を受けた塾

・都立中高一貫校向け個人塾
・栄光ゼミナール
・ena

娘が都立中高一貫校を希望しているため、都立対策ができる塾をメインに体験してきました。


資料請求やお試し教材を使った通信教育

・四谷大塚
スタサプ
(スタディサプリ)

詳細はこちらに少しずつ更新しています。

→自宅学習で中学受験の体験談

子供に合った中学受験対策をしよう!

中学受験の勉強方法は色々あります。塾に通ったり、家庭教師や個別指導、通信教育や市販の教材など…

そんな中で自分の子供と相性のいい勉強方法を見つけてあげられたら、意欲的に勉強に取り組めそうですよね。うちの娘の場合は、通信教育がぴったりでした。

通信教育は費用が手頃だし、習い事との両立も可能です。自分のペースで進めることができるので、時間を効率的に使えるのです。

通信教育を使った中学受験は、マイペースで勉強していける子や、他に熱中している習い事などがある子にはとっても向いている勉強法だと思います。いろいろなことにチャレンジさせてあげたい年頃なので、子供も親も納得できる中学受験対策をしたいですよね。

熱中していることを諦めずに、受験もがんばれる方法があることを、もっと皆さんに知ってもらえたらいいなと思っています。もしも疑問等がありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね!

私が娘の中学受験を検討し始めたのは、4年生の10月ごろでした。その頃は、中学受験というものを大きな怪物のように捉えていたため...
コメントの入力は終了しました。