費用が不安だけど、中学受験をさせたい場合は、塾なし中学受験を検討しましょう。

中学受験の費用って、かなりかかります。学年によって変わりますが、4年生から塾に入れるとトータル200万以上の出費をする覚悟が必要。4年生のうちは安い塾が多いですが、5年生以降は月々5〜10万円くらいかかるようです。

うちは2人の娘がいるので、受験準備にこの2倍費用がかかるのはきつい。そして、実際に中学に進学してからの費用を残しておくために、受験準備の費用は安く済ませたいのです。

でも、安かろう悪かろうで受験準備に満足できないのも困るので、質のいい指導を受けたいという思いがありました。

そこで質が良く、できるだけ安い費用で中学受験対策を探すことにしました。安い塾は指導もそれなりだと感じたり、子供との相性が合わない塾はお金の無駄だと感じ、現在は質の高い塾なし中学受験対策をしています。

「うちの年収で中学受験できるのかな?」とか「安く中学受験対策をしたい」とか「私立と都立悩んでいるので、とりあえず塾なしで対策しておきたい」、と昨年の私は色々悩んでいました。

現在は、通信教育を中心にして対策することによって、お金の悩みはなくなり、親子で勉強に集中しています。

今回は、費用の不安なく安く中学受験対策をする方法をご紹介したいと思いますので、参考にしていただけたら嬉しいです。

Z会は塾と同じような質で合格実績もあり、塾より安い

うちでは以前Z会の小学生コースで都立中高一貫校対策をしていて、現在は中学受験コース(難関国私立向けコース)を受講しています。

Z会都立中高一貫校対策コースは月々数千円〜1万円代で受講が可能です。年間10万円代でおさまるのです。都立中高一貫校対策塾だと年間50万円程度かかります。

Z会中学受験コースは月々1〜2万円代で受講が可能です。多くても年間30万円程度でおさまる計算です。私立中学受験塾だと年間100万円程度かかるところが多いです。

Z会の通信教育は、昔から難関校の通信教育教材として評判が良かったので、自宅学習で中学受験対策を考えた時に真っ先に候補...

塾の費用よりかなり安いですが、Z会の教材の質はとても高いと確信しています。中学受験の合格実績もありますし、実際に子供と問題に取り組んでいると、本当に良問が多いです。Z会は通信教育だけでなく、実際に塾もあります。中学受験コースではその塾と同じような先生が映像授業してくれているので、家にいながら塾レベルの指導を受けられますよ。

国私立中学にするか都立中学にするか志望校を悩んでいても大丈夫。

Z会の通信教育なら、どの中学受験にも対応できるようにコースが分かれているので、志望校を決めかねて悩んでいても大丈夫です。

決まった時点でコースを絞っていくことができるので、決まっていない段階では中学受験コースを受講しておくと良いと思います。

途中で「やっぱり通信教育は向いていない、塾にしようかな」と思った時は、Z会の塾や提携塾に通うことができるので、万が一の時も安心です。うちも子供が「塾行こうかな」と思った時のために、一応下調べはしてあります。普段は通信教育にして、夏期講習や冬期講習、苦手な分野だけ通塾で対応するという方法も可能なので、子供に合わせてカスタマイズできます。

塾に一度通い始めてしまうと、やめるのが大変ですよね…でも、Z会だったら通信にしたり塾にしたりが比較的自由にできるので、親子でじっくり検討しながら受験勉強を進めていくことができます。

中学受験は塾なしで大丈夫なの?

娘の様子を見ていると、中学受験は塾なしでも対応できると思っています。現在受講している中学受験コースには、塾なしでもモチベーションを維持したり、中学受験の情報を手にいれる仕組みが整っているので、塾がなくても競争心を持ち、情報を手に入れながら中学受験対策を進めることができています。

5年生は月に2回ほど、Z会の添削問題(テストのようなもの)を提出します。全て添削が終わると、点数が出るのはもちろん、全国のランキングと偏差値が発表されます。各教科の偏差値で自分の苦手教科や分野を把握したり、ランキングを見て競争心から勉強をさらに頑張っています。

ランキングには志望校も書かれているので、自分と同じ志望校の子が入っていたり、常連の名前を見たりして刺激を受けているようです。「自分もランキングに入りたい!」と頑張って勉強しています。

また、受験の情報も充実していて、こまめに情報が更新されているので、塾に通っていなくてもとっても心強いです。

ここまで、Z会の良いことばかり書いてきましたが、何よりも子供と教材の相性が大切です。安くて質が良いZ会ですが、子供に合っていないとスムーズな受験対策ができないと思います。Z会の通信教育は、無料の資料請求するとお試し教材がもらえますので、そちらで一度試してみることをオススメします。詳細は公式サイトで確認して見てください。

Z会の通信教育の公式サイトはこちら。

もしもZ会が合わない場合は、他の通信教育が気になる方はこちらも参考にして見てください。

塾なし自宅学習で中学受験をする場合、通信教育の教材を検討する方が多いと思います。私と娘も、どの教材を使うか結構迷い、いろいろ...

スポンサーリンク

コメントの入力は終了しました。