都立・公立中高一貫校受検の模試を初めて受けるなら、ena(エナ)の模試がおすすめ。

自宅学習で中学受験の勉強をしていると、どうしても緊張感がなくなったり、自分の立ち位置がわからなくなります。そんな時に利用したいのが、塾が実施している模試です。

「子供の学力は伸びているのかな?」「弱点はどこだろう?」「おおよその偏差値を知りたい!」そんな時に、模試はとっても役に立ちます。

娘は何度か模試を受けています。どの塾でも、成績を分析した一覧や偏差値、合格可能性などがわかるような成績表を準備してくれますので、娘の立ち位置がよくわかりましたし、弱点の復習にも役立ちました。また、同じような受験生と一緒に塾でテストを受けることで、家では味わえない緊張感や、「もっと勉強しなくちゃ!」という意欲も湧いたようです。

自宅学習で中学受験を続けていく上で、模試は重要な指標となりそうです。今回は中学受験の中でも、都立・公立中高一貫校の模試を初めて受ける場合におすすめする、ena(エナ)の模試について、ご紹介したいと思います。

ena(エナ)の都立中学適性検査模試をおすすめする理由

自宅学習で都立・公立中高一貫校受検を目指している人で、初めて模試を受けるならena(エナ)の模試がおすすめです。理由はいくつかありますが、何と言っても問題が複雑ではなく、比較的簡単であるからです。

現在5年生の娘は、4年生の終わり頃にenaの模試を受けました。都立中高一貫校を目指している方ならご存知かもしれませんが、都立中高一貫校には適性検査という問題が出されます。壮大な長文問題といったところでしょうか。とにかく文章を読ませて、自分の言葉で答える、という問題です。

enaの模試も同じように適性検査に即した問題が出題されます。当時は4年生向けなので、それまでに習った範囲を中心に、ちょっとした作文や算数・社会・理科の文章題などが出題されました。教科書を理解していて、考えることに慣れている子供なら、高得点が取れそうな問題でした。

適性検査に慣れていない子供でも、十分に得点できるような問題なので、初めて模試を受けるならおすすめです。初めてで緊張していても、ある程度は得点できますし、何と言っても採点がやさしめです。そのため、出鼻を挫かれることなく、模試を体験できます。

enaの模試は余計なセールスがないのも嬉しいポイント

他の塾の模試もいくつか受けていますが、どこの塾でも結果を塾に取りに行って説明を聞いたり、後から電話がかかってきていました。けれども、enaの模試は受ける前から受けた後まで、郵送の手続きや確認の電話以外での余計なセールスは一切ありませんでした。

最近になって、次の模試の案内が郵送で送られてきたくらいで、他には一切連絡はありません。模試の結果も郵送で送ってくれました。申し込みもネットからできるので、忙しい保護者にとっては助かりますよね。

また、模試会場には子供だけで行っても大丈夫です。私は初めての時は、一緒に行きましたが、入室できるのは子供だけだし、終わった後も入り口で待ちぼうけでした。他の子供の様子を見ていると、慣れている子は一人で来て、普通に塾に入っていきました。

ちなみに模試は無料でしたので、気軽に申し込めますよ。

模試は自宅学習で中学受験を目指している人の強い味方!

enaの模試は、志望校を選んで合格判定をしてくれたり、偏差値などで自分の位置を確認することができます。また、模試は本番の練習という点でも、自宅学習で中学受験する人にとっては重要なものとなります。

普段はネットで情報収集していますが、模試を受けたりして塾と繋がると、普段は得られない情報を手に入れることもできます。

enaでの初めての模試は、それほどいい成績ではありませんでしたが、とっても刺激になったようです。合格判定などもとってもやさしめに付けられているので、親子共々傷つくことなく初めての模試を乗り越えました!

自宅学習を頑張っているけれど、模試が受けられない場合

自宅学習で中学受験を目指しているけれど、模試を受ける時間がなかったり、近くに塾が少ない場合は、Z会進研ゼミなどの通信教育がおすすめです。毎月添削を受けられるので、自宅にいながら模試のような体験ができるからです。

娘はZ会の通信教育を受講していますので、毎月添削を受けています。やっぱり自分の知識を確認するテストというのは、勉強のモチベーションを維持したり、弱点を確認するためにはとっても重要な気がします。

もしも市販の教材だけで自宅学習を頑張っている方や、通信教育を受講するか悩んでいる方がいたら、お試し教材などで子供に合うか試してみるのも良いですよ。

良かったらこちらの記事も参考にして見てください。

塾なし自宅学習で中学受験をする場合、通信教育の教材を検討する方が多いと思います。私と娘も、どの教材を使うか結構迷い、いろいろ...

自宅学習で中学受験するなら、模試や通信教育などを使って、通塾のライバルたちに負けないように頑張りたいものです。